{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/4

民藝2018年7月号「雑誌『工藝』の小間絵」

¥866 税込

送料についてはこちら

雑誌民藝787号(2018年7月号) 特集「雑誌『工藝』」 『工藝』は、1931(昭和6)年から1951(昭和26)年まで全120号刊行された雑誌で、民藝運動の重要な事業として当協会の活動を支えました。 この雑誌は、工芸品の実物貼付や和紙や織物を使用し型絵染や漆絵などが施された表紙装幀など、「出来るだけ工芸的な作品として読者に贈りたい」という柳宗悦の考えを反映して制作され、その中で小間絵も各号で重要な働きを担いました。 芹沢銈介も数多くの小間絵を担当しています。 本号では、雑誌『工藝』の小間絵を特集し、図版および関連の論考を紹介しています。 芹沢銈介と小間絵(当館館長)掲載。 ■2018年7月 日本民藝協会発行 ■A5判 / 80ページ

セール中のアイテム