News

「屏風と染絵額」展がはじまりました!

型染という伝統的な染色技法を使って絵画表現を追求し、海外でも高く評価された芹沢銈介。この展覧会では「屏風」と「染絵額」という、芹沢が手がけた「染絵(そめえ)」の世界を特集。屏風10点、染絵額25点を一挙公開します。
後半の展示室3室には、芹沢が集めた“絵”を特集します。染色、木工、書籍、陶磁器など、世界各地の様々な工芸品に現れた絵画表現をお楽しみください。

新しい展覧会とともにミュージアムショップもリニューアルしました。
桂樹舎(富山県)の和紙製品、型染鯉のぼり、倉敷緞通、ペルーワンカイヨの木彫の人形等、彩り豊かにご紹介しています。

展示の詳細は下記HPよりご覧ください。
https://www.seribi.jp/exhibition.html